カテゴリ:ケイ 峰松さん( 20 )

-9月27日-ケイ峰松さん最終回!

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第13回 最終回」


a0098708_1443484.jpg

♪Music List
~テーマ「星に願いを」(ピノキオ)
・「ウエストサイドストーリー」アメリカ
・「ベン・ハー」ベンハー"プレリュード"/ミクロス・ローザ
・「荒野の七人」荒野の七人
・「ドクトル・ジバゴ」ララのテーマ
・「アパートの鍵貸します」アパートの鍵貸します
・「酒とバラの日々」酒とバラの日々
・「ティファニーで朝食を」ムーン・リバー
・「サウンド・オブ・ミュージック」
《放送後記》
ケイ峰松さんと鶴田師匠は9月末でOldiesはご卒業となり、今日は最後に鶴田師匠も乱入(?)して、お話をして頂きました。
10月からは新番組のご担当になります。
ケイ峰松さん、鶴田師匠ありがとうございました。
何だか秋空がひときわ高く感じました。
[PR]
by shinbeach | 2008-09-27 18:54 | ケイ 峰松さん

- 9月20日 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第12回」


a0098708_19523524.jpg

♪Music List
・「先生のお気に入り」Teachers Pet/Doris Day
・「波も涙も暖かい」High Hopes/Frank Sinatra
・「避暑地の出来事」夏の日の恋/パーシーフェイスオーケストラ
・「お熱いのがお好き」I Wanna Be Loved By You/Marilin Monroe
・「闇に響く声」King Creole/Elvis Presley
・「Never On Sunday」日曜日はダメよ/Helmut Zacharias
・「黒いオルフェ」オルフェの歌/アントニオ・カルロス・ジョビン&ジョアン・ジルベルト
・Summertime/アディル・アディスン
《放送後記》
私のブログの9月13日に書きましたが、Back To The Oldiesは10月の放送からリニューアルします。
今迄のようなマイナーチェンジ(?)ではなく、かなり変わると思います。
そのひとつ。
4人のパートナーが変わります。
既にビーチFMマガジン11号の番組表をご覧になった方はお気づきになったと思いますが…
ケイ峰松さんと鶴田師匠はOldiesをご卒業され、10月からは新番組のご担当となります。
さびし~。(T T)
DJ Hihi日高廣さんとDukeさんは引き続きご担当頂き、お二人のニューフェイスが登場しますのでお楽しみに!
さて、来週9月最終回は今週に引き続きケイ峰松さんです。
お楽しみに!!
[PR]
by shinbeach | 2008-09-20 19:52 | ケイ 峰松さん

- 8月16日 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第11回」


a0098708_1719333.jpg

♪Music List
・「タミーと独身者」より「Tammy」/デビー・レイノルズ
・「南太平洋」より「魅惑の宵」/マント・ヴァーニ
・「恋の手ほどき」より「ジジ」/ルイ・ジュールダン&モーリス・シュヴァリエ
・「朝な夕なに」より「真夜中のブルース」/ベルト・ケンプフェルト
・「死刑台のエレベーター」より「死刑台のエレベーター」/フィルム・シンフォニックオーケストラ
・「戦場にかかる橋」より「クワイ河マーチ」/ミッチ・ミラーオーケストラ
・「OK牧場の決闘」より「OK牧場の決闘」/フランキー・レイン
・「大いなる西部」より「大いなる西部」/サウンド・トラック

《放送後記》
今日も暑いですね。
放送中、葉山マリーナー上空には入道雲がモクモク。
景色は夏らしいのですが、トンボが飛んだり、夕暮れには秋を感じさせる風が吹くようになりました。
[PR]
by shinbeach | 2008-08-16 17:00 | ケイ 峰松さん

- 7月5日 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第10回」
a0098708_181236100.jpg

♪Music List
・王様と私~Shall We Dance/オリジナルサウンドトラック
・知りすぎていた男~ケ・セラ・セラ/ドリス・デイ
・殺られる~Des Femmes Disparaissent/オリジナルサウンドトラック
・ヘッドライト~Des Gens Sans Importance/オリジナルサウンドトラック
・追想~Anastasia/パット・ブーン
・昼下がりの情事~魅惑のワルツ/アンリ・ルネ
・島の女~イルカに乗った少年/ソフィア・ローレン(サウンドトラック)
・ジャイアンツ~Giant/オリジナルサウンドトラック
《放送後期》
スクリーンミュージック150選も10回目。
今回も色々な映画のシーンを思い出して頂けましたでしょうか?
番組では皆様からのメッセージをお待ちしています。
e-mail: letter@beachfm.co.jp
a0098708_1812496.jpg

[PR]
by shinbeach | 2008-07-01 17:22 | ケイ 峰松さん

- 6月21日放送 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第9回」


a0098708_14454533.jpg

♪Music List
・「愛情物語(The Eddy Duchin Story)」よりTo Love Again/カーメン・キャバレロ
・「黄金の腕」
・「旅情」Summer Time/ロッサノ・ブラッツイ
・「慕情」Love Is A Meny Splenderd Thing/ザ・フォア・エイセス
・「暴力教室」Rock Around The Clock/ビル・ヘイリー&コメッツ
・「上流社会」True Love/ビング・クロスビー&グレース・ケリー
・「鉄道員」Il Ferrovieve/サウンドトラック
・「誇り高き男」スリー・サンズ
・「80日間世界一周」ビクター・ヤング
《放送後期》
今日の番組前半のヒットチャート1位の「ロックを踊る宇宙人(The Purple People Eater)」は日本人でもレコーディングしている方が…


a0098708_14573463.jpg
それは植木等さんです。
今日のクローズアップは1995年7月にリリースされました植木等さんの(最後の?)アルバム「植木等的音楽」から「針切じいさんのロケン・ロール」をお送り致しました。
植木等さんは声がいいですね。
このアルバムは大瀧詠一さんプロデュースで「のってけのってけ」の「サーフィン伝説」などノリノリの物から「花とおじさん」「旅愁」「しかられて」など涙が出そうな物まで入っています。
「針切」と当てた所も面白いこの曲は「ちびまるこちゃん」のエンディングテーマでも有りました。
オリジナルがテープの回転をあげて出していた高い声の部分はちびまるこちゃんの声優の方が担当し、オリジナル最後の部分の「テキ~ラ」は「なんともはや」となっている懲りようでした。
通常BeachFMでは邦楽はJデリバリーしかかけられませんが、本社に許可を貰い、かけさせていただきました。


a0098708_159166.jpg
そして、後半のケイ峰松さんの特集「スクリーンミュージック150選」も今回で9回目。
毎回、DVDをお借りするのですが、今回は「黄金の腕」をお借りしました。
当時はタブーであった麻薬中毒のディーラーを演じるフランクシナトラ。おしゃれで美しいキム・ノバック。特にキム・ノバックはシンプルなシャツとタイトスカートの組み合わせをとてもおしゃれに着こなしている所など、見所が多かったです。
しかし、シナトラの麻薬中毒の迫真の演技に中毒の恐ろしさを感じました。
[PR]
by shinbeach | 2008-06-21 15:12 | ケイ 峰松さん

- 5月17日放送 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第8回」


a0098708_19372292.jpg


♪Music List
・エデンの東~East of Eden/Victor Young
・オクラホマ~Oh,What a Beautiful Mornin'/Frank Sinatra
・拳銃家業~The Yellow Rose of Texas/Mitch Miller&His Orc.
・鹿皮服の男~The Ballad of Davy Crockett/Fess Parker
・大砂塵~Johnny Guitar/Peggy Lee
・ピクニック~Moonglow & Theme from Picnic/Original Soundtrabk
・足長おじさん~Something's Gotta Give/Fred Astair
《放送後記》
今回、放送前にケイ峰松さんから「オクラホマ」のDVDをお借りして観ました。
何と素敵なミュージカル!
歌も踊りも良いのです。
踊りはクラシックバレエな感じでしたが、タップダンスも有り、見ごたえ充分です。
オープニングの背丈ほどのトウモロコシ畑から開ける景色と歌声の素晴らしさ…!。
[PR]
by shinbeach | 2008-05-17 19:37 | ケイ 峰松さん

- 4月19日放送 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第7回」


a0098708_18574759.jpg



a0098708_18575822.jpg

♪Music List
・テーマ曲:星に願いを/Erich Kunzel
・ショウほど素敵な商売は無い
・帰らざる河/Marilyn Monroe
・「裸足の伯爵夫人」より裸足のボレロ/ユーゴー・ウィンター・ハルター
・「道」よりジェルソミーナ/スリー・サンズ
・「愛の泉」よりThree Coins In The Fountain/Frank Sinatra
・「汚れなき悪戯」よりマルセリーノの歌/Sound Track
・紅の翼/ディミトリー・ティオムキン
・「麗しのサブリナ」よりバラ色の人生/Victor Young Orc.
《放送後記》
フィルムミュージック150選。第7回目の今回も、スクリーンミュジックを聞くと映画のシーンを思い出してしまいます。
「汚れなき悪戯」は泣けましたね。音楽を聴いていても涙腺が緩んできます。
[PR]
by shinbeach | 2008-04-19 19:32 | ケイ 峰松さん

- 3月29日放送 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第6回」


a0098708_15224979.jpg

a0098708_1523073.jpg

今日は番組冒頭で大失敗してしまいました。
「インターネットの映像で富士山が綺麗です」と、申し上げてしまったのですが、現在映像は調整中でした。
どうかお許し下さいませ。
この時間、もう霞んでしまって見えませんが朝はこんな感じでした。


a0098708_15261189.jpg

a0098708_15274371.jpg

a0098708_15275972.jpg

♪Music List
・「リリー」よりハイ・リリー・ハイ・ロー/ヴィクター・ヤング
・「ライムライト」よりテリーのテーマ(エターナリー)/ヴィクター・ヤング
・「ムーランルージュ」より赤い風車)/ヴィクター・ヤング
・「バンドワゴン」よりBy My Self/フレッド・アステア
・「現金に手を出すな」よりグリスビーのテーマ)/ヴィクター・ヤング
・「グレン・ミラー物語」より茶色の小瓶/グレン・ミラー
・「カラミティ・ジェーン」よりシークレットラブ/ドリス・デイ
《放送後記》
例年より早く桜の花が咲きました。
あちこちの桜がほぼ満開です。
でも、天気予報を見ると明日はお天気が崩れそう。
お花見は今日が良いかもしれませんね。
ところで、今日のパートナーケイ峰松さん、番組前に小さな瓶をくださいました。
○ンケル!ぐびっと行って番組に望みました。
ケイさん曰く「茶色の小瓶!」参った~そう、今日の選曲リストに入っていたのです。
お陰さまで元気に出来ました。
[PR]
by shinbeach | 2008-03-29 15:23 | ケイ 峰松さん

- 3月8日 放送-

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第5回」
a0098708_11535415.jpg

♪Music List
・「ピノキオ」星に願いを/エリック・カンゼル
・「イースター・パレード」/ビング・クロスビー
・「第三の男」/アントン・カラス
・「巴里のアメリカ人」/ジョニー・グリーンオーケストラ
・「ホフマン物語」ホフマンの舟歌/クリスチャン・ライナー
・「真昼の決闘」ハイ・ヌーン/フランキー・レイン
《放送後記》
ポカポカ陽気の週末。
番組の中では木曜日から始まっている「ボートショー」のレポートを入れながらお送りしました。
水温は気温よりおよそ2ヶ月遅れになるので、今頃が一番冷たい時期です。
これから少しづつ水ぬるんできて、海遊びも楽しくなるシーズンですね。
私も、放送後ボートショーに行ってきました。
その様子はこちらに載せていますので、よろしかったらご覧下さい。
[PR]
by shinbeach | 2008-03-08 13:45 | ケイ 峰松さん

- 2月16日放送 -

パートナー:ケイ 峰松さん
特集:「フィルムミュージック150選 第4回」


a0098708_17455460.jpg


♪Music List
・「ピノキオ」~星に願いを/クリフ・エドワーズ
・「カサブランカ」~時の過ぎ行くままに/ドゥリー・ウィルソン
・「我が道を行く」~星にスィング/ビング・クロスビー
・「我が道を行く」~アイルランドの子守唄/ビング・クロスビー
・「アメリカ交響楽」~ラプソディ・イン・ブルー/グレン・ミラー楽団
・「夜も昼も」~ビギン・ザ・ビギン/アーティ・ショウ
・「腰抜け二挺拳銃」~ボタンとリボン/ダイナ・ショア

《放送後記》
先週、そして先々週と2週間続けて雪の週末でしたが、今週は何とかお天気が持ちそうですね。
今回、番組準備の際にケイ峰松さんからカサブランカとピノキオのDVDをお借りしました。
童心に帰ってみたピノキオ。ディズニー映画は独特の動きと美しさが有りますね。
そして、名画「カサブランカ」。
20代の頃に見たきりでしたが、見る年代によっても見方が違ってくる物ですね。イングリッド・バーグマンの美しさは言うまでも無く、ポロリと流れる涙まで美しい。粋な計らいをする登場人物、建物やしつらえの素晴らしさも今回は感じました。
今回は映画のストーリーもお話しながらお送り致しました。
[PR]
by shinbeach | 2008-02-16 17:53 | ケイ 峰松さん